寝る準備

ぐっすりずむの効果検証レビュー?果たして睡眠の質向上は実感できるのか!?

投稿日:2017年9月10日 更新日:




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆などパラレルワークを実践している。始発朝活を実践し、サラリーマンながら平日でも5〜6時間の作業時間を確保。早起き&朝活の専門家。プロフィールはこちら。運営サイト:メインの雑記ブログムクッといこう。サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

睡眠の質を高めることは体調の維持・向上につながるだけでなく、本サイトが目指す早起きのプロになるためにも必須のことといえます。

いまや研究も進み睡眠の質向上のために様々な方法が提唱されていますが、その中にサプリメントを取り入れるものがあります。

快眠を手助けしてくれる栄養素が科学的に解明されており、それらを取り入れることで体の内部から睡眠の質向上を狙っていこうというもの。

そこで管理人自らが実験台となり、リフレから販売されている『ぐっすりずむ』を定期的に摂取することで快適な早起きに繋がるのかどうかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




リフレのぐっすりずむとは?

ぐっすりずむは健やかな睡眠を取ることを目的とし、疲労感の回復やすっきりとした目覚めの効果が期待できるとされる機能性表示食品のこと。

それを販売しているリフレは健康食品やサプリメントの販売を行う会社のことです。

ぐっすりずむの特徴としてLーテアニンと呼ばれる成分が配合されていることが挙げられます。

L-テアニンとは

Lーテアニンは植物の中でも緑茶とマッシュルームにしか見つかっていないユニークなアミノ酸の一種の成分のことで、緑茶の旨みに関係しています。

20歳〜36歳22名によるLーテアニンの経口摂取による結果、夜間睡眠中の交感神経系の抑制、これらによる起床時の疲労回復、眠気、夢みの改善や睡眠時間延長感といった内省評価の改善が認められました。

Report

*リフレ公式サイトより

臨床試験の結果、Lーテアニンを摂取して眠ることで本来の睡眠状態に近づけ、睡眠時間を長く感じることができたり、すっきりした目覚めと起床時の眠気低減、疲労感の回復に役立つ健康的なサポートが期待できると結論付けられています。

Lーテアニンの機能性の科学的根拠

緑茶のLーテアニン

Tea

みなさん、緑茶を飲んだ経験はありますよね。

緑茶にはコーヒーよりも大量のカフェインが入っていることで知られますが、夜に緑茶を飲んだからといってその日眠れなくなったことはないと思います。

カフェインは眠気を覚ます成分として有名なのにどうして緑茶を飲んでもそうならないのか。

これは緑茶に含まれるLーテアニンがカフェインの興奮作用を抑制しているためです。

カフェインを摂取すると脳の働きが活発になり、それが原因で寝つけなくなります。
一方Lーテアニンには交感神経系の抑制作用があり、緑茶に含まれるカフェインによって引き起こさる興奮作用を抑えつつリラックス効果を発揮するため、緑茶を飲んでも寝付きが悪くなるということがありません。

L−テアニンを200mgも配合!

リフレが販売するぐっすりずむにはそんなLーテアニンが200mgたっぷり配合されています。

カプセルタイプの摂取しやすい形状をしていて睡眠の約1時間前に1粒摂取しておくことで睡眠の質改善が期待できます。

さらにぐっすりずむにはLーテアニンとは別にグリシンというアミノ酸も含まれています。

グリシンもLーテアニン同様に眠りの質向上に期待ができる成分の一種とされ、体と脳の両方が休息するノンレム睡眠の時間が増加することが報告されています。

ぐっすりずむはネット販売限定

そんなぐっすりずむですが、薬局やドラッグストアでは取り扱っておらず、リフレの公式サイト からネット購入限定となっています。

1袋(31カプセル・約1ヶ月分)から購入することもできますが、毎月1袋ずつ、もしくは3ヶ月ごとに3袋まとめて届けてくれる定期コースだと10%以上の割引に加えて嬉しい送料無料!

さらに定期コースを初めて登録するとうれしいプレゼントも用意されているため定期コース が絶対におすすめです。

ぐっすりずむはこちらのサイトからどうぞ!

ちなみに、ぐっすりずむのカプセルにはかわいい『Zzz』のマークが入っています。 Gussuri

ぐっすりずむの効果は?実体験レポート!

さてそんなぐっすりずむですが、管理人自らが摂取してレポートをお届けしたいと思います。

正直サプリメントに頼ること無く早起きすることはできるのですが、どうせなら良質な睡眠を取りたいし寝起きもスッキリした万全の体調で迎えたいですよね。

自腹切ってやってますのでぜひお付き合いください。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 1日目

実験初日ということでワクワクしながらぐっすりずむ1カプセルを摂取します。

ぐっすりずむの臨床試験結果によると睡眠1時間前に摂取していたようですが私は寝る5分前に摂取しました。
臨床試験にならって1時間前に摂取しておけばよかったと反省。

カプセルなので当然ながら無味無臭。水で流し込んで眠りにつきます。

私はもとから寝付きがよく、布団に入って目を閉じると2分〜3分で眠りにつきます。

この日もぐっすみんを使ったからといって特別寝付き感がさらに良くなったという効果は体感できず、いつも通り眠りの世界に落ちました。
これは睡眠5分前という直前に摂取したのが影響していたのかもしれません。

臨床試験通り1時間前から使っていれば何か効果は期待できるのかも。これは翌日に持ち越しですね。

そして翌朝。いつも通り午前3時半に目覚めます。

アラームの音で起こされましたが、寝付いてからアラームまで途中で目が覚めた記憶はなく、快適な睡眠でした。

ぐっすみんの効果なのか、過度な期待のためなのか、普段よりも目が開きやすい感覚がありました。

いつもは部屋の明かりをつけて眩しいと感じながら無理矢理目を開けます。

この日ももちろん明かりをつけましたが、いつも感じる強制的に目を開ける感覚よりも内側から自然に目が開いてくる気がしました。

眠気も少しだけ軽減されたかな?いや、錯覚かな?というなんとも表現し難い結果になりました。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 2日目

昨日の反省を踏まえ、この日は就寝の30分前にぐっすりずむを摂取しました。

これで少しはわかりやすい効果が出るかな?と期待を込めて。

この日の昼間、つい睡魔に負けて1時間ほど昼寝をしてしまったことが原因となり、布団に横になってもいつもより寝付きが悪かったことを覚えています(それでも10分ほどしたら寝ていましたが)。

翌朝はアラームで目覚めました。睡眠の途中で目が覚めることもありませんでした。

特別な爽快感はなく、いつもと同じような寝起きです。

かといって二度寝することなく無事起床できました(起床時間は午前3時半)。

ぐっすりずむはネット上でもたくさんレビューがありますが、摂取し始めて1週間ほどで効果を実感できる声が多くあります。

それまで気長に続けたいと思います。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 3日目

この日も就寝の約30分前にぐっすりずむを摂取してから眠りにつきました。

翌朝起きると今までよりもはるかに目覚めがよかった気がします

アラームに気付いてすぐに止めた後、もちろん眠気がゼロというわけではないものの妙に頭がスッキリしている感覚がありました。

そのおかげで二度寝することなく楽に起き上がることができ、いつものように部屋を明るくすると完全に目が覚めました。

ぐっすみん3日目にしてようやくそれらしい効果を体感し始めました。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 4日目

昨日に引き続き目覚めやすい感覚がありました。

目覚めた直後のまぶたは重いですが、そこからムクッと起きようとした時に二度寝の誘惑に負けなくなりました。

起きようかまた寝ようか・・・と心の中で戦っているうちにだんだん目が冴えてくる感じというとわかりやすいかもしれません。

ちなみにこの時は部屋の明かりは点けてなく、スマホの画面を見ることで目を覚ますようにしています。

なにかと毛嫌いされるブルーライトですが、起床時にうまく利用すれば強い味方になってくれるのです

あわせて読みたい

眠りの質を高めるために避けたいブルーライト - 早起きのプロ

ぐっすりずむの効果検証レビュー 5日目

すいません、お恥ずかしながら昨日は作業中に寝落ちしてしまい、ぐっすりずむを摂取しないまま寝てしまいました。

普段から早起きに体が慣れていたためアラームなしでいつも通り午前3時半には起床できましたが、昨日まで感じていた爽快感はありませんでした。

やはりぐっすりずむの効果はちゃんとあったのかな?と再認識しました。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 6日目

この日はしっかりぐっすりずむを摂取して寝ることができました。

感覚的なものかもしれませんが、やはりぐっすりずむを摂るのと摂らないのとでは目覚め方が違います。

ぐっすりずむを使うとよりスムースに苦労なく目が開き、目覚めた後にボーッとする感覚も少ないです。

だんだんぐっすりずむの凄さを実感してます。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 7日目

ぐっすりずむを摂り始めてから1週間が経過しました。

ぐっすりずむ単体でも十分にスッキリした目覚め効果を感じ始めていますが、最近わかったのはブルーライトと併用するとさらにスッキリと起きることが出来るということ。

ブルーライトには覚醒効果があるため、睡眠前には避けるべきだとこちらで紹介しました。

あわせて読みたい

眠りの質を高めるために避けたいブルーライト - 早起きのプロ

この覚醒効果を目覚めのために使ってやろうというわけです。

アラームで目が覚めたらすぐスマホをいじります。メールチェックでもLINEチェックでもなんでも大丈夫です。

するとぐっすりずむの快眠効果とブルーライトの覚醒効果が相乗効果となり、より簡単に楽に目が覚めるというわけ。こりゃすごい。

ぐっすりずむの効果検証レビュー 8日目

いい感じに8日目が経過しました。

もう快適に起きるのが習慣になりつつあります。

始めの頃に感じたものすごい爽快感は感じなくなりましたが、朝3時半でも楽に起きることができるようになったのは事実です。

ぐっすりずむと共に継続してきた結果といえるでしょう。

ぐっすりずむはオススメです

一応の検証レビューは掲載していますが、今でも管理人は毎日ぐっすりずむを取ってから眠りにつくようにしています。

ココぞという時にしっかりと効果を体感できているので、今後も継続してぐっすりずむとともに生活を送っていきます。

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆などパラレルワークを実践している。始発朝活を実践し、サラリーマンながら平日でも5〜6時間の作業時間を確保。早起き&朝活の専門家。プロフィールはこちら。運営サイト:メインの雑記ブログムクッといこう。サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム







-寝る準備
-, ,

Copyright© 早起きのプロ , 2017 All Rights Reserved.